見学・レッスン体験 お問合わせ

2021/04/23ブログチアのストレッチ法

ストレッチ

チアダンスを練習する前にはストレッチが欠かせません。
先生にいわれるがままストレッチをしている人もいるかもしれませんが、チアダンスの練習にはどんなストレッチが必要か知っているでしょうか。

今回は、チアダンスの練習をする前に必ずしておきたい正しいストレッチ方法や、ストレッチが必要な理由、また練習後のストレッチについて解説します。

チアダンスの練習前のストレッチ方法

チアダンス練習前の正しいストレッチ方法を分かりやすく解説

チアダンスの練習前にしておきたい、正しいストレッチ方法を紹介します。
チアダンスはもちろん、ダンスやそのほかの運動の前にもストレッチは欠かせません。ただストレッチといっても、体を動かす前に必要なのは体を動かすためのウォームアップとしての「動的ストレッチ」です。

動的ストレッチとは体全体の関節を伸ばして動きやすくするためのストレッチのことを指します。
じっくり伸ばす「静的ストレッチ」とは違い、体の反動を使いながら関節を動かしたり、体の可動域をアップさせたりするのが目的です。チアダンスの練習前もこの動的ストレッチが必要なので、全身の関節を伸ばすイメージで行いましょう。

レッスンを受けていたりチームに入っていると、みんなで同時に練習前にストレッチをすることになるはずですが、全員でストレッチした後に伸びきっていないと感じる部分があれば、自分でストレッチをしてください。とくに股関節周りや肩周り、足首、首などのストレッチは重点的に行いましょう。

それから、ストレッチは痛みを感じない程度にするのがポイントです。
体が固いと多少の痛みは感じてしまうかもしれませんが、痛すぎないところまで息を吐きながらしっかり伸ばしましょう。体が固いのが気になる人は、お家で柔軟体操をするなどして、少しずつ柔軟性を高めてください。

チアダンスの練習前のストレッチが必須のわけ

チアダンスの練習前は必ずストレッチをしているはずですが、どうして練習前にストレッチが必要か知っているでしょうか。ダンスの練習前にストレッチをする理由は2つあります。

1つは怪我を防止するためです。
チアダンスは体をめいっぱい動かし、ジャンプやステップなどをする激しい運動です。関節が固まっている状態でいきなり動いてしまうと、怪我に繋がる可能性がとても高くなります。ダンス練習前にストレッチをして、体を温めることで怪我がしづらい状態にします。

もう1つはチアダンスに必要な柔軟性を高めるためです。
チアダンスはラインダンスやトゥータッチなど、柔軟性が必要な動きが求められます。柔軟をしっかりして筋を伸ばさないとしなやかに踊れません。

チアダンスは練習後のクールダウンも重要

チアダンスの練習前のストレッチはしっかりしているという人は、練習後もストレッチを行なっているでしょうか。練習前のストレッチはウォームアップの意味がありますが、練習後のストレッチはクールダウンの目的があります。

練習後は「静的ストレッチ」といって、激しく使った筋肉を伸ばすためのストレッチが必要です。練習後にクールダウンのストレッチをすることで、血行が促進され疲労回復の効果があります。
次の日に疲れを残さないためにも、チアダンスの練習後にもしっかりストレッチをする習慣をつけておきましょう。

FC岐阜専属チアダンススクール「グリーンエンジェルズ」

グリーンエンジェルズはFC岐阜のオフィシャルダンススクールで、幼稚園から中学生以上のクラスまで3つのレッスンを開催しています。スクール生は日頃練習したチアダンスをFC岐阜の試合でパフォーマンスする機会もあるので、岐阜でチアダンスを習いたいという人にはおすすめです。

グリーンエンジェルはただのチアダンススクールではなく、avexプロワークスが監修しているので、基礎からしっかり学びながらチアダンスのスキルを身に付けられます。

チアダンス練習前はストレッチをしてダンスの準備をしよう

チアダンスはダンスの要素と体操のような要素があり、激しく体を使います。チアダンスを練習するときは、しっかりストレッチをして体を温め、ダンスを踊る準備をしましょう。ストレッチをしながら自分の体にどれくらいの可動域があるのかを知ることも大切です。練習後もストレッチをして、体の疲れを取ることを忘れないようにしてください。

スタッフブログ

カテゴリー