2019/05/27ブログヒップホップダンスの4つの特徴を参考動画とともに紹介

ヒップホップダンスの4つの特徴

ヒップホップダンスと聞くと、ハードで大変そう…と思う方もいらっしゃるかと思います。ですが、ヒップホップダンスには「激しい振り付けにしなければならない」といったルールや、踊りの「型」はありません。そのため、他のダンスの要素を取り入れたり観客を魅了できたりする楽しさがあります。

また、ヒップホップダンスは始める際に予備知識や専用の道具が不要なので、ダンスのジャンルに迷っているという場合にもおすすめできます。

ここではそんなヒップホップダンスの4つの特徴をご紹介します。

1.「型」が特にないので自由に踊れる

ヒップホップダンスは他のダンスとは異なり、「型」が特にないことが特徴です。また、「激しい振り付けにしなければならない」「洋楽の内容に合わせなければいけない」といった決まりもないので、自由に踊れる楽しさがあります。

下記の動画の0:12から始まるダンスを見ていただきたいのですが、手足をフレキシブルに動かしたり体全体を使って踊ったりと、縛られた感じがありませんよね。

引用元:FRONT ROW | CAMROC 2017|3-6| John Number

一方で、バレエやフラダンス、社交ダンスなどではある程度型が決まっています。バレエには立ち方の種類があったり、演目にはバレエ特有の動作を取り入れたりすることが必要です。フラダンスはゆるやかなリズムに乗せて、フラステップと呼ばれる基本動作をベースにして踊ります。また、社交ダンスはペアで踊り、ホールドと言われる上半身の枠や独特のフットワークをある程度マスターしなければなりません。

これらに比べ、特別な型がないヒップホップダンスなら、ダンサーやチームのスタイルをストレートに表現することが可能です。

2.予備知識や道具が必要なくいつでも気軽に始められる

バレエやタップダンスなどの場合、バレエシューズやタップシューズなどが必要になり、基本動作をベースに踊ることになります。

しかし、ヒップホップダンスをする際には予備知識や道具は特に必要ありません。ヒップホップダンスなら履き慣れた靴と運動に適した服装があれば大丈夫なので、好みの音楽に合わせて好きに踊ることが可能です。

また、年齢を問わずに取り組めるのもヒップホップダンスの魅力です。現在中学の体育では、ヒップホップのリズムを取り入れたダンスが必修化されており、お子様にとってもヒップホップダンスは身近な存在となっています。

3.他のダンスの要素を取り入れている

ヒップホップダンスには決まった型がないことから、他ジャンルのダンス要素を自由に取り入れられるという特徴があります。他ジャンルのダンスの良さも活かせるので、表現したいことを上手に伝えることができるでしょう。

ヒップホップダンスとの組み合わせでよく見られるのは、ガールズヒップホップやR&Bヒップホップです。

ガールズヒップホップは次の動画のように、ヒップホップをベースに、女性らしい曲線美を生かしたり、可愛いらしい動きを取り入れたりしています。

引用元:Camila Cabello – Havana | Girls HIPHOP Choreography

R&Bとヒップホップが融合したR&Bヒップホップは、スローテンポの音楽を用いたり、BGMの歌詞やテイスト合わせて踊ったりするスタイルです。

引用元:Ariana Grande – Baby I

4.躍動的でかっこいいパフォーマンスで観客を魅了できる

フラなどのゆったりしたダンスは見ていると落ち着きますが、踊りには一定の型があります。ヒップホップダンスと比べると、視覚的な刺激はそれほど感じないでしょう。

ですが、ヒップホップダンスは体全体を使って自由に芸術表現するので、そのかっこよさと躍動的なパフォーマンスで観客を魅了させられます。

たとえば、動画にあるようなメンバーの一糸乱れぬダンスや、緩急がついた振り付けにはキレがあり、目を奪われます。

引用元:FRONT ROW | CAM’ROC2018 | John

この動画のダンサーは1人1人の移動が多く、0:16や3:20で見られるように手足のしなやかさを活かして踊っているので、オーディエンスを飽きさせることがありません。

ダンススクールの「DoWELL」ならヒップホップダンスができる

スクールでダンスを踊る子供

観客を魅了させられるヒップホップダンスを楽しみたいのでしたら、ダンススクールの「DoWELL」を選んでみてはいかがでしょうか。

「DoWELL」には、初心者もプロの指導を受けられる、学業とも両立可能、メディア出演へのチャンスがある、レッスンの成果を発揮する機会があるといった魅力がありますよ。

エイベックスダンスマスターなら初心者の方でもプロの指導を受けられる!

エイベックスダンスマスターなら1人1人に合わせた指導を受けられるので、上達を実感できるでしょう。初心者でも受講がOKで、中級・上級レベルでは基礎を土台に応用ステップやリズムバリエーションなども段階的に学べます。

また、初心者の方も、avexで活躍しているプロのダンサーによる指導を受けられるので安心です。親切で丁寧なコーチングなので、お子様の能力や可能性を引き出せるでしょう。

対象は細かくカテゴリー化されていて学業とも両立できる

エイベックスダンスマスターのプログラムの対象は、

  • ・リトルキッズ(4〜6歳の未就学児)
  • ・キッズ(小学生)
  • ・ティーン(中・高生)

と細かく分けられているので、的確な指導が受けられるでしょう。

また、レッスンは平日や土曜日にあり、平日の開始時間は16時や18時などの夕方なので、学業とも無理なく両立ができます。

月会費はリトルキッズとキッズは8,000円、ティーンは10,000円ですが、この値段はベネッセによる調査の「1か月あたりの学校外教育活動の費用」の14,700円に収まります。

エイベックスダンスマスターの受講生はメディア出演へのチャンスがある

エイベックスダンスマスターの受講生であれば、エンタテインメント情報を知ることができるサービスを受けられます。

このサービスでは、エンタテインメント業界からオーディション情報や人材募集、ライブ観覧についての情報が提供されるのです。これにより、ミュージックビデオやテレビ、CM、ダンサー、エキストラなどに出演するチャンスを得られるでしょう。

ダンス指導だけではなくエンタテインメント情報も得られるのはエイベックスダンスマスターだけで、他のダンススクールにはない特典です。

レッスンの成果を発揮できる機会がある

レッスンの成果を、世界最大級のダンスイベント「DANCE NATION」やエリア最大級の「DANCE KINGDOM」で発揮できる機会があるのもエイベックスダンスマスターの魅力です。

「DANCE NATION」においては30,000人以上が動員され、ステージの装飾や演出はアーティストのライブのような豪華さがあります。

これらのイベントの他にも、エイベックスグループが企画・運営するダンスイベントもあるので、習得したダンスを夢のような空間で披露できるでしょう。

ヒップホップダンスの楽しさは「DoWELL」でさらに高められる!

ヒップホップダンスには自由に踊れたり、かっこいいパフォーマンスで観客を魅了できたりする楽しさがあります。予備知識や道具がなくてもいつでも始められますが、ダンススクール「DoWELL」はエイベックスが手がけるプログラムなので、ヒップホップダンス初心者でもプロの指導を受けられますよ。アーティストのライブさながらのイベントもあるので、ダンスを披露する機会にも恵まれるでしょう。

また、メディア出演の情報を知ることもできるので、ダンスだけでなくエンタテインメントワークを経験するチャンスもあります。ヒップホップダンスに興味をもったら、ぜひ検討してみましょう。

スタッフブログ

カテゴリー